近江兄弟社の社会活動

株式会社近江兄弟社は、企業グループの一員として多方面にわたる社会事業を展開するとともに、
次世代の人材育成や災害地の復興支援に向けた積極的な援助運動『ニコニコ献金活動』を行っています。
創業90周年を迎えた2010年にはその記念事業として、ラオスのカニョンケクナイ村に小学校を建設しました。
(ラオスの学校建設に関する詳細は、こちらをご覧ください。)

ニコニコ運動
社員にうれしいことがあると、社内に設けた『ニコニコ箱』に献金。
うれしいことや楽しい気持ちを“おすそわけ”することで、
笑顔の輪が大きく広がるようにとの想いから、約30年続く活動です。
集められた献金は社会福祉団体を始め、恵まれない子供たちの施設、災害地などへ寄付しています。

「にこにこ通信」
 平成25年度活動報告 (前期)

「にこにこ通信」
 平成25年度活動報告 (後期)


「にこにこ通信」
 平成26年度活動報告 (前期)

「にこにこ通信」
 平成26年度活動報告 (後期)


「にこにこ通信」
 平成27年度活動報告 (前期)

「にこにこ通信」
 平成27年度活動報告 (後期)


「にこにこ通信」
 平成28年度活動報告 (前期)


ニコニコチャリティバザー
本社と東京でそれぞれ年1回、地域の皆様、取引先の皆様から多大なご支援を頂くとともに、社員が物品を持ち寄り、チャリティバザーを開催しています。

ニコニコ献金活動 2013年 ニコニコチャリティバザー(本社)活動報告


ニコニコプログラム
本社1階ロビーを「メンターム資料館」として無料開放。
ここで販売している近江兄弟社商品の売上代金は、全額を寄付することにしています。
本年度は、東日本大震災の復興に向けた寄付として取り扱いさせて頂いております。
メンターム資料館

■場所
 〒523-0867
 滋賀県近江八幡市魚屋町元29
 株式会社近江兄弟社
 地図はこちら

■開館時間
 平日(月曜日〜金曜日)
 9:00〜17:00